★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

やさしいWeb広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

2018年最新!Google広告の出し方の手順をわかりやすく説明

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら
  • Google広告の基本的な使い方を知りたい

という人に向けた記事です。

まずは、アカウント作成から、広告出稿までを進めていきましょう。

 

Google広告のアカウント作成

Google広告 使い方

Google広告の「利用する」を押す。

 

Google広告 出し方

  • Gmailアドレスを入力
    (Gmailがない人は、広告アカウントの前に、Googleのアカウントを作ってくださいね。)
  • ウェブサイトは、主に広告を利用するサイトを入力
  • 「続行」を押す

さっそく広告を作成できる画面に移動します。

takaのブログ集客講座
『え!もう広告作成しちゃうの?汗』

takaのブログ
『ここで作成した広告はすぐ止めることができるから、あまり気構えないでもOKだよ。』

 

1.キャンペーンの予算を決める

Google広告 使い方

1日当たりの予算を決められます。

お金の単位が、あなたの通貨と合っていることを確認してください。「JPY=ジャパニーズ円」

 

今回は仮に1,000円にしてみます。

  • 「保存」を押して次に進む

 

2-1.ターゲットの地域を選ぶ

Google広告 使い方

日本全国の場合は、日本だけでOKです。

地名を打つと、候補が出てくるのでその中から選びます。

東京都だと3千万人がターゲットです!

ちなみに、

Google広告 使い方

日本全国で広告を出すと、1日当たり39回くらい表示されて、10回くらいクリックされます。

(商品、キーワードなどによる)

Google広告 使い方範囲を東京に狭めると、14回くらい表示されて、4回くらいクリックされるよと、目安が出てきます。

2-2.ネットワークを選ぶ

Google広告 使い方

ディスプレイ広告にも広告を出すかを選べます。

takaのブログ集客講座
『出さなくてOKだよ。

ディスプレイネットワークのチェックを外しておこう。

 

2-3.キーワードを選ぶ

Google広告 使い方

一番最初に入力したウェブサイトから、自動的にキーワードを検出してくれます。

takaのブログ集客講座
『自動的に選んでくれるなんてすごい!』

  • 関係なさそうなキーワードは、右の×ボタンで消す
  • 他にもキーワードを入れたい場合は、手打ちで入力してもOK

Google広告 使い方

今回は、ほとんどお任せのキーワードにしてみました。

 

3.入札単価を設定

Google広告 使い方

すでに、1日の予算を1,000円って設定してあるので、自動的にクリックを最大化してくれるようになっています。

Google広告 使い方

入札単価を自分で決めたい場合、手動で設定することもできます。(1クリックの値段)

ただし、単価が低すぎると、広告が表示されません。

まだ慣れない人は、自動調節のままで実験してみることをおすすめします。

(自動にしても1日の予算は設定してあるので安心してくださいね。)

 

4.広告を作成

Google広告 使い方

本当はもっとたくさん情報を入れられますが、まずは簡単に広告を出してもらいたいのでシンプルな画面です。

(登録後、変更が可能。)

  • ランディングページ⇒広告のページを入力
  • 広告見出し1⇒青い文字の部分
  • 広告見出し2⇒〃
  • 説明文⇒分かりやすく説明する

ヒントも一緒に出るので、ヒントを読みながら広告文を考えてみましょう。

出来たら「保存」を押して、「保存して次へ」ボタンで次のページに進みましょう。

 

takaのブログ
『次はお支払情報ページだよ!』

 

お支払い情報を入力

Google広告 使い方

  • あなたが日本で広告を出すなら、日本-東京であることを確認
  • 新規広告主様向けの特典⇒何かプレゼントコードを持っていたら入力

Google広告 使い方

あなたの情報を入力してください。

Google広告 使い方

利用規約に同意する方はチェックをして、「保存して広告を作成」を押します。

その後、審査に約1日かかりますが、審査に通れば広告が掲載されます。

以上が広告アカウント登録と広告出稿です。

 

とても簡単ですよね!

少し身近に感じていただけたら嬉しいです。

作った広告を停止させたい場合は、こちらの「google広告のアカウント削除(停止)のやり方は?」で停止させてくださいね。

アカウント全体を停止させるのも、1つのキャンペーンを停止させるのもとても簡単です。

takaのブログ集客講座
『次回はGoogle広告の管理画面をご紹介していくよ。』

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です