★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、デジタルマーケッター、低PV集客の専門家

ハワイのチップがめんどくさい!誰でも簡単なチップの考え方

 
ハワイのチップが面倒
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

チップの習慣に慣れていないと、

  • いくら払ったらいいの?
  • 渡し方は?
  • 渡し忘れ・置き忘れた場合は?
  • チップってめんどくさ~い

と思うことが多いですよね。

 

安心してください!

チップってそんなに重く考えなくても良いのです。

大まかに余裕を持って渡せるようにしていきましょう。

結論
  • 飲食店:15%
  • タクシー:10%
  • 荷物運び:1個1~2ドル

 

  • 渡し方にルールなんて無い
  • チップは相手に感謝を伝えられる良いツール

詳しく説明していきます。

 

ハワイのチップはめんどくさい?

チーズバーガー ビーチウォーク

チップをめんどくさいと思う原因は2点あります。

  1. 日本のサービスが良すぎる
  2. 慣れないため真面目すぎる

私もずっとチップが面倒だと思っていました。

 

チップも給料の一部

高木優

『分かってるけど、納得いかないよね。』

 

チップが面倒な理由
1.日本のサービスが良すぎる

高木優

『日本の方がサービスが良いのに、どうしてサービスの悪い(ことが多い)海外でチップを払わなければならないの?』

『値段に含めておけばいいじゃん。』

 

しかし、海外10ヵ国以上行ってみて分かりました。

海外が異常ではない。

日本が異常にサービスが良すぎます。

個人的には、日本もチップ制にしたら働きやすい国になるのにと思っています。

 

日本のサービスが良すぎるだけで、海外が悪いわけではありません。

「日本では普段、チップ払わなくて本当にラッキーだな」くらいに思っておきましょう。

 

チップが面倒な理由
2.慣れないため真面目過ぎる

ハワイの海 (2)_R

ガイドブックにもwebにもチップは払いましょうと書いてありますよね。

  • レストランは15~20%で、高級店は20%で…
  • ホテルのボーイには2ドル、ベッドメイクには1~2ドル…
  • 渡し方はポケットに1ドル札を入れといて…

もちろん基本は押さえて欲しいですが、あくまで目安です。

チップとは感謝の気持ちであるために、そんなに真面目に考え過ぎなくて良いのです。

 

  • 間違えちゃってもいい
  • スムーズに渡せなくたっていい
  • 多く渡したら相手が喜んでくれるからいい
  • 渡し忘れたら仕方ない
    要求されたら、渡すつもりだったよって演技しながら渡せばいい!笑

異文化で失敗することなんて当たり前です。

 

次回はもう少しだけうまくやればいいだけです。

ルールに縛られ過ぎて、旅が面白くなかったら本末転倒ですよね。

あまり真面目に考えすぎないようにしましょう。

 

実際チップをどう払うのか

デュークスの本日の魚デュークス流調理_R

ワイキキのレストランは多くの場合、レシートなどにチップの目安料金が書いてあります。

チップを書く欄があるので、

  1. チップの金額を書く
  2. 合計の金額を書く
  3. 払う

忘れないとは思いますが、クレジットカードはお忘れないように。

私は楽天カードでJCBカードを作りました。

JCBはハワイのお店とキャンペーンをすることが多く、割引やお得なプレゼントをもらえるのでおすすめです。

私たちが行った時も、JCBを使ってショッピングセンターまでのバスを「無料で」使えました!

すでにJCBを持っている方は、VISAも作っておきましょう。

VISAとJCBの2種類があれば、海外でも日本でもほぼ困ることはありません。

 

どのくらい払えばいいの?

  • レストラン:15%
  • 高級レストラン:20%
  • タクシー:10%
  • 荷物運び:1個1~2ドル
  • アクティビティ:10%~15%

高級ホテルでも泊まらない限り、他に払うところが見当たりません。

10%?15%?20%?と悩むのが嫌な人は、高級レストランは20%、それ以外は15%払うと覚えておいてください。

 

目安表が無いときは?

チップの目安表が無いときがあります。

10%なら分かりやすいけど、15%が分からない場合には、簡単に暗算しましょう。

★50ドル食べた場合

  • 50ドルの10%⇒5ドル
  • 50ドルの20%⇒10%の倍=10ドル

5~10ドルの中間のチップを払う。

高木優『7ドルか8ドルくらいかな。

58ドル払おう。』

★77.26ドル食べた場合

77ドルは面倒なので、80ドルで計算しちゃいます。

  • 80ドルの10%⇒8ドル
  • 80ドルの20%⇒10%の倍=16ドルくらい

8ドル~16ドルの中間のチップを払う。

高木優『12ドルくらいかな。

もとが77.26ドルだから、合計で90ドルにしちゃおう~♪』

キリが良い数字が好きなので、チップでピッタリにすることが多いです。

 

荷物を運んでもらったときも同じです。

タクシーやホテルで荷物を運んでもらったとき(通常荷物1個につき1~2ドル)

1個なら1ドルを払います。

3個のときに5ドル札が見えたらそちらの方が楽なので出します。

日本人は細かいところが優秀ではありますが、観光地に行くときは細かすぎる金銭感覚は自宅に置いておくようにしましょう。

 

払いたくないと考えているとお互い不幸になる

P.F.チャンズ・チャイナ・ビストロ (3)_R

他人のあら捜しを始めたら、いくらでも見つかります。

「チップを払わないように悪いところを見つけてやる!」

「人にお金を渡してたまるか!」

と思っていると、相手の心も自分の心もすり減っていきますよね。

 

あなたも、金なんて払いたくないお客さんと、笑顔で払ってくれるお客さんだったら、後者の人を接客したいと思いませんか?

  • ハワイがもっと素敵な観光地になるように
  • 誰かが喜んでくれるように
  • 自分が気持ちよく楽しめるように
  • また来たいと思えるように

お金を払うこと=素敵なことと思いながら過ごすと良いですよね。

 

まとめ:ハワイのチップがめんどくさい人へ

結論
  • 飲食店:15%
  • タクシー:10%
  • 荷物運び:1個1~2ドル

 

  • 渡し方にルールなんて無い
    (あるけど考えすぎない)
  • チップは相手に感謝を伝えられる良いツール

日本ではお金を要求することは良くないという教育があるために、サービス残業などという悪しき習慣がいまだに無くなりません。

しかし、本来はお金の話をすることも、価値提供してくれた人にお金を払うことも悪いことではないですよね。

この記事を読んでくださったあなたが、少しでもチップを身近に感じてくださったら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月でWeb広告で成果を出す方法
・オンラインを味方にする方法

のメルマガを

期間限定で、無料で配信中です^^

 



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です