★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、デジタルマーケッター、低PV集客の専門家

Google広告とFacebook広告のどちらを始めたら良い?

 
Google広告 Facebook広告
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら
  • Google広告とFacebook広告の両方興味がある
  • どちらが良いのか分からない

という方に向けた記事です。

今回は、Google広告とFacebook広告のどちらがおすすめなのかを解説していきます。


動画が良い方はこちらから。今回の内容を8~9分でお話しています↑

文章が良い方は続きをお読みください^^↓

結論
  • 目的によって変えよう

詳しくご説明していきます。

 

Google広告とFacebook広告のどちらを始めたら良い?

Google広告

以前、Web広告とは?初心者におすすめの2種類を分かりやすくご紹介の中で、Google広告とFacebook広告の2つをおすすめしました。

どちらか片方をやりたい人にとっては、両方ともユーザーが多いので悩みますよね。

そこで、あなたに考えて欲しいのが広告を出す『目的』です。

 

目的によってメディアを変えていきましょう。

 

広告の目的とは?

目的?

マーケティング用語のAISAS(アイサス)を使って説明していきます。

AISASとは、お客さんの買うときの流れを、説明しているものです。

 

A:Attention 注目・認知

サービスのことを知る

     ↓

I:Interest   興味・関心

内容を知って興味が出る

      ↓

S:Search  検索

調べて比較したり真偽を確かめたりする

      ↓

A:Action   購買

買う!!

      ↓

S:Share    共有

友人に伝える

この流れで人は買い物をします。

広告を出すとしたら、買う前の人ですよね。

 

つまり、「A(注目・認知)」、「I(興味・関心)」、「S(検索)」のどこにアプローチしたいのかによって、おすすめの広告が変わります。

A:Attention 注目・認知

サービスのことを知る

     ↓

I:Interest   興味・関心

内容を知って興味が出る

      ↓

S:Search  検索

調べて比較したり真偽を確かめたりする

『あなたがアプローチしたいのは、AISのどこにいる方ですか?』

 

1.A(注目・認知)、I(興味・関心)にアプローチしたい⇒Facebook広告

あなたが自分のサービスを「認知させたい」「興味をもってもらいたい」なら、Facebook広告がおすすめです。

(ちなみに、Facebook広告はInstagramにも広告を出せます。)

 

Facebook広告は、検索エンジンとは関係ありません。

あなたのサービスを知らない人にまで広告を届けることができます。

多くの人に知ってもらうならとても良い広告です。

  • 欠点⇒SNSを見ている時に、人は「何かを買おう」とは思っていないです。

急に購買には繋がりにくいとは理解しておきましょう。

 

2.S(検索)にアプローチしたい⇒Google広告

検索して調べたいと思っている人にアプローチするには、Googleの検索広告を利用しましょう。

あなたも「何かを買いたい」「何かを調べたい」と思ったら、Googleやyahooで検索しますよね?

買いたいと思っている人が多いので、購入してくれる可能性は高いです。

  • 欠点:多くの人に知ってもらいたい時にはあまり適していません。

 

まとめ:Google広告とFacebook広告のどちらを始めたら良い?

どちらが一方的に優れているというものではありません^^

あなたが「どういう目的」で、「ターゲットに何をしてもらいたいのか」を考えて、どのメディアにするかを決めてみましょう!

お読みいただきありがとうございました!

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月でWeb広告で成果を出す方法
・オンラインを味方にする方法

のメルマガを

期間限定で、無料で配信中です^^

 



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です