WEBマーケティング・オンライン講師スクール代表

【初心者向け】Googleタグマネージャーの「タグ・トリガー・変数」って何?

    
タグマネ トリガー
\ この記事を共有 /
【初心者向け】Googleタグマネージャーの「タグ・トリガー・変数」って...
  • タグマネージャーの用語が知りたい
  • トリガー?変数?なにそれ

という人に向けた記事です。

 

結論
  • トリガー:きっかけ、条件
  • 変数:変動する値

takaのブログ集客講座
『分かりやすく、説明していくよ。』

 

そもそもタグマネージャーって何なの?という人は、「タグマネージャーとは?初心者にも分かりやすい説明するよ」もご参考にしてくださいね。

タグマネージャーの用語説明

タグマネ 要素

 

タグマネージャーの基本的な用語、
「タグ」「トリガー」「変数」の説明をしていきます。

takaのブログ集客講座
『難しそう~』
takaのブログ集客講座
『まあ、そう言わずに!笑』

1)タグとは

タグ

計測したいときにつける印のこと。

例)タグ
  • アナリティクスのページビュー
  • Google広告のコンバージョン(目標達成)

takaのブログ集客講座
『タグはタグだから説明が難しい…。

何かを計測するときには、タグが必要なんだよね。』

 

2)トリガーとは

タグマネ トリガー

トリガーとは引き金のことです。

タグマネージャーの中では、「きっかけ・条件・ルール」とイメージしてください。

タグマネ トリガー例

例)トリガー
  • サンキューページを見た
  • リンクをクリックした
  • 送信フォームを使った

takaのブログ
『お客様の行動が、トリガーなんだね!』

takaのブログ集客講座

『そう! 注文した人を測定したいなら、“サンキューページを見た” をトリガーにしたら良いよね。』

 

3)変数とは

タグマネ 変数

★変数とは:トリガーを使うときに設定する細かな条件など

変数 例1:

  • トリガー⇒URLがクリックされたら発動
    (じゃあどのURLがクリックされたら発動するの?⇒変数で設定)
  • 変数⇒『https://abc.com/から始まるURLがクリックされたら』と細かく設定。

○トリガー発動:https://abc.com/efg-hij というURLがクリックされた
×トリガー発動しない:https://xyz.com/aaa というURLがクリックされた

例2:

  • トリガー⇒フォームが送信されたら発動
    (じゃあどのフォームから送信されたら?⇒変数で設定)
  • 変数⇒『フォームのID番号が12のフォームの送信ボタンが押された時に』と細かく設定。

○トリガー発動:id=12のフォームから送信があったとき
×トリガー発動せず:id=13のフォームから送信があったとき

takaのブログ集客講座
『具体的な細かい設定ってことね!』

 

タグマネージャーの大まかな使い方

次にざっくりと使い方をお伝えします。

  1. タグを作る
  2. トリガーを作る
  3. 公開する

takaのブログ
『流れを知ってほしいだけなので、細かいところは飛ばすよ。』

 

1)タグを作る

タグの名前を決める
Googleタグマネージャー

分かりやすい名前を付けましょう。

タグのタイプを決める

Googleタグマネージャー

Google系はおすすめとして出てくるので、分かりやすいです。

 

2)トリガーを作る

トリガーの名前を決める

こちらも分かりやすい名前を付けます。

トリガーのタイプを選ぶ

変数を設定する

出てきました。変数です。

いろいろ設定することで、トリガーが決定します。

 

3)公開する

プレビューで確認

バージョンの説明を書いて公開

何の作業をしたのかを書いておくと、後からみたときに分かりやすいですよね。

説明を書いたら、公開ボタンで公開します。

以上で完了です。

 

まとめ:タグマネージャーの「タグ」「トリガー」「変数」とは

いかがでしたでしょうか?

用語と流れのご説明でした。

takaのブログ集客講座
『よく分からなかったよ!』

takaのブログ
『難しかったか!

なんとなくでも頭に入れておいて、実際にやってみるときっと分かるようになるよ!』

実際に設定した記事もあるので、こちらも参考に設定してみてください。

☆アナリティクスと連携
【初心者向け】Googleタグマネージャーでアナリティクスを管理する方法

☆Google広告のコンバージョンを設定
⇒「Googleタグマネージャーで広告のコンバージョントラッキングを設定する

お読みいただきありがとうございました。