★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

やさしいWeb広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

ホームページを持つ意味ない!キレイなだけのサイトが効果がない理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

やさしく伝えるWeb広告の先生 ゆうさん。です。

 

あなたは、200万円するホームページを作って満足していませんか?

 

今回のテーマは、、、

  • キレイなだけのホームページを作っても、意味がない

です。

キレイなだけでは、どうして効果がないかを解説していきますね。

 

キレイなだけのホームページを持つ意味はない!

takaのブログ
『キレイなサイトなら、人が来てくれるんじゃないの?』

『信頼性もあがるし』

『それだけで200~300万円かかってるんだから、効果がないってことはないんじゃない??』

そんなことを思っているかもしれません。

 

ここで、残念なお知らせです。

ホームページ制作会社は、「作成」のプロではありますが、

集客やSEOのプロではありません。

SEO:検索で上位に上げる施策のこと

ホームページを作る=集客ではないのです。

 

高木農園のホームページ作成物語

高木農園では、ホームページ制作会社に、キレイなサイトを作ってもらいました。

  • もろもろ込みで250万円の製作費
  • 月々の管理費3~5万円

中小企業にとってはなかなか痛い出費ですよね。

takaのブログ『でも、これでお客さんが来るなら採算取れるでしょ』

『なんたって、ホームページは24時間働いてくれる営業マンなんだから』

『営業マンを1人雇うとなると、もろもろ考えると年間500~1,000万円はかかるから』

 

takaのブログ集客講座『そうね…。ちゃんと働いてくれるならね…。』

takaのブログ集客講座『え・・・?』

今のあなたのホームページを林檎に例えてみましょう。

外見がキレイで、葉っぱも付いてて非常に美味しそうです。

確かに、フツウの林檎と比べると、キレイな林檎を買いたくなりますよね。

 

しかし、あなたの林檎は選ばれません。

なぜなら人の目に触れるところに無いからです。

あなたはスーパーや八百屋で買い物をするときに、わざわざ下の箱まで確認しますか?

しないですよね。

おそらく、1番上の見えているところから選んで買いますよね?

それを同じことが検索では行われています。

何を検索しようかな~?

上位のサイトは見ても、下の方にあるサイトは見られません。

つまり検索の上位にいないと意味がないのです。

検索で上位にならないことには、下の箱にある林檎と一緒で、選んでもらえないのです。

 

現在ではホームページを持っている会社は山ほどあります。

すぐに埋もれてしまう状況で、見た目だけが良いホームページを作っても意味がないのです。

 

takaのブログ集客講座
『でも社名で検索すると1位だよ!』

それは、あなたの社名を知っている人にしか営業できていないということですよね。

林檎を仕入れたい人が、「高木農園」と調べる可能性はどのくらいでしょうか?

 

社名ではなく、

  • 「リンゴ 農家」
  • 「林檎 農家 青森」
  • 「林檎 仕入れ」
  • 「りんご 大量」
  • 「リンゴ 無農薬」など

ユーザーが検索しそうなキーワードで、検索上位を取らなければ意味がないのです。

 

takaのブログ集客講座
『250万円の制作費が…』

takaのブログ集客講座
『もちろん綺麗なサイトがあって悪いことはないよ!

それだけでは集客には繋がらないってことを知ってほしかったんだ。』

 

キレイにするよりも、もっと別にやることがあります。

こうして高木農園は、キレイなだけのホームページから卒業することを決意したのです!

続く…。

 

作り話ではなく、実際の話でも…

ホームページを作っただけで安心している企業は多いです。

以前働いていた会社でも、

『うちのサイトは「〇〇」ってキーワードで1ページ目に(5番目)に出るんだよ!』

と企画部のお偉いさんに自慢されたことがありました。

 

takaのブログ(え?5番目でいいの?汗)

そのワードで調べた人って、5番目のサイトまで見る…?

 

もっと上位を狙わなくて良いのかと聞いてみたものの、まったく取り合ってもらえませんでした。

結局、ホームページからほとんどお客さんがきませんでした。

キレイなだけではまったく意味がないのです。

 

まとめ:キレイなだけのホームページを持つ意味はない!

キレイなだけでは意味がない理由が伝わりましたでしょうか?

  • キレイでも見られなければ意味がない
  • 検索上位に上がらないと見てもらえない

見た目がキレイなホームページに200万つぎ込んでも、

お客さんが来てくれないのなら意味がないですよね。

 

ホームぺージに働いてもらうために、しっかりと上位に上げる施策をとっていきましょう。

次回は「じゃあ上位にあげるにはどうしたらいいの?ブログ!?ブログなんて意味ないよ!書く意味あるの?と思っているあなたに送る話」です。

上位に上げるには、ブログが効果的なのかを説明します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です