★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

やさしいWeb広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

タグマネージャーでプラグインMTS Simple Booking-Cの広告コンバージョンを計測する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今日は「予約プラグインのMTS Simple Booking-C」の広告コンバージョントラッキングを計測する方法を解説します。

takaのブログ『プラグインMTS Simple Booking-Cは、整体などで使われている無料の予約プラグインだよ。

タグマネージャーで計測することによって、成果が見える化します!』

今日のポイント
  1. タグの設定(Google広告の場合)
  2. トリガーの設定
  3. 公開!

 

タグマネージャーを使ったことがない人は、こちらより

【初心者向け】タグマネージャーの導入・設定方法

アナリティクスとも連携できるので、サイトの分析をするときに便利です!

 

タグマネージャーでプラグインMTS Simple Booking-CのGoogle広告コンバージョンを計測する方法

何をやるかというと、広告を見て予約してくれた人を計測します!

 

まずはタグマネージャーを開きます。

  • コンテナ名のURLを押す

Googleタグマネージャー

  • 新しいタグをクリック

 

Googleタグマネージャー

  • 左上にタグの名前を記入

名前は後から見て分かりやすいもの。

(画像では、アドワーズテストCVタグという名称になっていますが、お好きなものに変えてください。

「広告から予約フォーム」でも「予約フォーム」でも「予約完了」でもなんでもOKです。)

  • タグの設定を押す

 

1.Google広告のコンバージョントラッキング タグを設定する

Googleタグマネージャー

  • Google広告のコンバージョントラッキングを押す

コンバージョンIDとコンバージョンラベル

  • コンバージョンIDとコンバージョンラベルを入力

コンバージョンIDとコンバージョンラベルを知りたい方は、Google広告の画面へ↓

 

コンバージョンIDとラベルの確認方法

Google広告を開きます。

google広告トップ

トップページから探せます

右上のツールを押します。

google広告 コンバージョン

測定の中の「コンバージョン」を押します。

対象となるものをクリックします。

ちなみにここに、対象となるものが出てこない場合は、「【初心者向け】コンバージョンアクションが表示されない場合」でコンバージョンアクションを設定していきましょう。

タグを設定するを押す。

タグマネージャーを選びましょう。

  • この表示された英数字を、先ほどの欄に入力

 

2.送信フォーム トリガーを設定する

 

  • トリガーを押す

 

  • 右上の+マークを押す

 

  • トリガーの名前を入力

後から見て分かればなんでもOK

  • トリガーの設定を押す

  • ユーザーエンゲージメントの中の「フォームの送信」を選択

  • このトリガーの発生場所「一部のフォーム」をクリック

Page URL 等しい http://〇〇.com/booking-form
  • 保存を押す
右のURLは、予約フォームの最後の画面のURLを入力する。

↓このときのURL

booking-Cの予約フォームを進めていき、最後のページ

 

  • 保存を押す

 

プレビューで確認する

 

タグマネージャーでクリックをコンバージョンやイベント

  • プレビューを押す
  • オレンジのプレビューモードが出てきたら、自分のサイトを見に行く

 

takaのブログ『オレンジのバーが出てきたときは、プレビューモード!』

 

では、あなたのサイトの予約フォームを見てみましょう。

Tags Not Fired On This Page(このページに表示されていないタグ)

下半分に何か出ていますよね?

画面が小さいですが、下にスクロールします。

Tags Not Fired On This Page(このページに表示されていないタグ)のところに、先ほど作った予約のタグがあるはずです。

注意:送信を押したときにタグが発動するので、今はNotの場所にあります。

 

  • テストで入力してみて、「予約する」を押す。
    ポイント:Ctrlを押しながらクリックすると、別タブで開くので分かりやすい

 

Tags Fired On This Page(タグがこのページで表示されました)

設定したページ

すると、先ほどNotの場所にあったはずのタグが、上にきます。

うまく動けば成功です!

 

次は公開作業です。(後はもう簡単!)

公開ボタンを押します。

ここで、今回やったことの説明を書きましょう。

takaのブログ
『便利!後から見て分かりやすいね!』

分かりやすければなんでもOK

名前は「予約送信フォームの広告CVタグ」など。

後から見て分かればOKです。

続行を押して、これで完了です!

まとめ:Google広告コンバージョントラッキングタグをタグマネージャーで設定しよう

いかがでしたでしょうか。

最後にプレビューで確認もできましたね!

takaのブログ
『タグが付いたので、広告の効果が計測ができるようになったよ』

見える化すると、どうサイトを直していけばいいか分かるようになります。

ぜひ設定してみてくださいね。

お読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です