■お仕事のご相談はお気軽にどうぞ■

デジタルマーケター、WEB広告の先生、動画プロモーション、ブロガー、たまに旅人。

即効性のあるSEOの方法!これから対策するならシンプルな戦略を

 
SEO 即効性
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター/ライター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ

◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆SEO+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら
  • 即効性のあるSEOとは?
  • 早く結果を出したい!

という企業向けの記事です。

 

結論:とにかく早く結果を出したいなら、シンプルなことだけやる

100%の保証はできないけど、3日で検索1位になることも実際にあります。

 

注意:基本的にSEOは即効性はないものです。

その中でどう即効性を出すかのお話をしていきます。

即効性のあるSEO対策とは

  • SEOなんてもうダメ
  • 狙っても意味ない

といった声を聴きます。

Googleが頻繁にアップデートをするために、SEOは不安定です。↓


翻訳すると…

明日は、年に数回行うように、ブロードコアアルゴリズムのアップデートをリリースします。

これは2019年6月のコアアップデートと呼ばれています。

そのようなアップデートに関する私たちのガイダンスは前にカバーしたように残ります。その詳細については、このつぶやきを参照してください。

Web広告の方が圧倒的に早いし確実。

SEOはいつどうなるか分からないので、「SEO依存は危険」とお伝えしています。


『ということで、SEOは簡単にできるところだけ狙っていこう。』

ゆうさん。デジタルマーケター
『そう!簡単にできるかどうかがポイント』

不安定で不確実なものに、時間とお金をかけるのがもったいない。

簡単に楽にできることだけやっていきましょう。

 

対策0:ワードプレスでブログ(オウンドメディア)を構築する

立ち上げ方法は、検索したら出てくるのでここは割愛。

よく分からない場合はご相談ください。

 

対策1:タイトルの変更

タイトルと文中の見出し(hタグ)を変更しましょう。

昔の記事で、何も考えずにタイトルを付けたものはありませんか?

今では検索されていないキーワードもあるでしょう。

昔の記事を生き返らせるのです。

ポイント
  1. 今、検索されているキーワード
  2. ライバルは少ない方が良い
  • 大手企業:キーワードによってはライバルがいてもOK
  • 中小企業、個人事業主:ライバルがいないキーワード

記事がたくさんあると面倒かもしれませんが、新しく記事を書くより300倍楽です。

タイトルを狙うと、3日で1位は可能です。

 

キーワードの選び方は、別の記事にも書きましたが、本当にこれしかやっていないです。

■参考記事⇒【キーワード選定が難しい】最高のSEO対策で検索上位を狙う方法!

今自分のブログがどんなキーワードで検索されているかは、Googleサーチコンソールで知ることができます。

■参考記事⇒Googleサーチコンソールの分析方法!検索キーワードからサイトを改善しよう

 

対策2:一歩進んだ記事を書く

最近は同じような記事ばかりで、はっきりいって違いがわかりません。

AIが書いているって言われても納得します。

耳にタコができているかもしれませんが、差別化が重要です。

そのために一歩進んだ記事を書きましょう。

一歩進んだ例
  1. 未来の話をする
  2. 珍しいこと
  3. 失敗談

未来の話

あなたの仕事に関係あることで、毎年絶対に来ると分かっているものはありますか?

私なら2020年のデジタルマーケティングの動向ですね。


『デジタル系の未来予想って難しい…。すいません例が思いつきません。笑』

 

デジタル系以外だと、近年は猛暑になる可能性が高いです。(この年は5月で30度超え…なんなの地球…)

もし今が春なら、クールビズ関係やビール会社などは、猛暑予想の記事を書けますよね。

昨年書いているなら、リライトするだけでOKなので楽です。

珍しいこと

珍しい体験はありますか?

もし、自分にはなくても、取材記事や周りにアンケートを取っても良いですよね。

自分には当たり前でも、周りの人には珍しいと思われる体験があるかもしれません。考えてみましょう。


『工場見学が流行ったよね。あれも工場勤務の人にとっては当たり前の景色だよね。』

失敗談

起業家の成功の話は、いろんな本で紹介されています。

スティーブジョブズやイチローなど皆大好きですよね。

成功例を書いても、毎日練習をしていたイチローに勝てる要素が見当たりません。笑

しかし、失敗談ならどうでしょう?

有名人じゃなくても、失敗談って気になりませんか?


『私なら企業勤めだった時に、WEBで全然成果を出せなかったことかな…』

ゆうさん。デジタルマーケター
『失敗をどうやって乗り越えたかって、興味が湧くよね!』

 

一歩進んだ記事を書くのは「楽」ではないかもしれません。

しかし、即効性という面では期待できます。

周りと似たような記事を量産するよりは、効果が出ます!

 


『私は最近アンケートを取って、サイトカラーの調査をしました。

その全文をメルマガ特典にしたら、メルマガ登録者さんが増えました!』

記事も書けて、無料オファーもできて一石二鳥でした^^

 

対策3:広告を出そう

ゆうさん。デジタルマーケター
『SEOの話じゃなくなったー!』


『この記事を書きながらあらためて思ったんだよ。SEOと比べると広告はめちゃくちゃ早い!笑

アクセスは、お金で買おう!!』

ゆうさん。デジタルマーケター
『アクセスがないと、そもそも何が悪いのかも分からないんだよね。』

サイトのどこが悪いかを知るためにも、アクセスをある程度集めることは必要です。

今の広告は興味のある人だけを集めることができます!

事業を飛躍させたい人はぜひ使っていきましょう。

海外の記事でも、SEOと広告を使って、効果を最大にしようとオススメしています。↓

By using both in conjunction, you can maximize the impact of your digital marketing efforts.
(両方を組み合わせて使用​​することで、デジタルマーケティングの取り組みによる影響を最大限に引き出すことができます。)

引用:How To Integrate SEO and PPC to Growth
(SEOとPPCを統合して成長させる方法)

どちらかをオススメする人もいますが、両方使って効率よくすすめていきましょう。

 

まとめ:SEOは即効性のあるものだけ狙おう

  1. タイトルを変える
  2. 一歩進んだ記事を書く
  3. 広告を出す

SEOは即効性が狙えるところだけやりましょう。

最後は広告の話になってしまいましたが、SEOもやりつつ広告もやるのが一番良いと感じています!

SEO対策についていろいろ言われていますが、もう細かい対策をやる必要を感じていません。

(細かい対策をしても、ルールが変わったら意味がなくなるため)

タイトルをシッカリ付けて、中身があるものを書く。それだけです。

無駄に時間を使って消耗しないようにしましょうね!

それではまた!

この記事も読まれています。⇒2019年に中小企業がやるべきデジタルマーケティングとは?

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター/ライター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ

◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆SEO+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です