★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、デジタルマーケッター、低PV集客の専門家

考えると悩むの違いは?仕事もプライベートにも役立つ思考法

 
悩む考えるの違い
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら
  • 考えると悩むって違うの?
  • 悩みが多いのが悩みなんだ。
  • ちゃんと考えてる…つもりだけど

というあなたに向けた記事です。

この記事を読めば、“考える”と“悩む”の違いが分かるようになります。

 結論 
  • 考える=結果を出そうとすること
  • 悩む=同じことを思い、苦しむこと

「考える」と「悩む」の違いを知ると、時間を効率的に使えるようになりますよ。

 

考えると悩むの違いをグーグルで検索すると?

まずは言葉の意味を、グーグルで検索してみました。

考える

  1. あれやこれやと思いをめぐらす。その事について、心を知的に使って判断する。
    「よく―・えて物を言え」
  2. 新たなものをくふうする。考案する。
    「もっとうまい手段を―・えよう」

悩む

苦痛をおぼえる。わずらう。

takaのブログ集客講座
『え?悩むって苦痛を感じているだけなんだ!』

なかなか衝撃でしたが、分かりやすいのでグーグルの回答は好きです。

この答えのように、“考える”と“悩む”には大きな差があるのです。

 

考えると悩むの違いをイラストで表すと?

考えるのイメージ

考える イラスト

考えるというのは、ゴールに向けての行動を判断することです。

目指す方向が決まっていて、結果を出そうとする行為です。

悩むのイメージ

悩む イラスト

それに対して、悩むというのは、その場でぐるぐる回っていること。

目指すところを決めてない、もしくは結果を出したくないという行為です。

 

takaのブログ集客講座『悩むって結果を出すための行動ではないんだね。

そう考えると悩むって必要ないかも…?』

悩みが必要ない?

 

悩みなんて本当は必要ない。

昔、見た映画の台詞です。

(かなりマイナーな映画だったので、映画のタイトルが分からない。涙)

 

どうして必要ないかというと、

  1. 答えが出る悩み→答えが出るなら、悩む必要がない
  2. 答えが出ない悩み→悩んでも答えが出ないんだから、悩んでも意味がない

takaのブログ集客講座『メンタル強いー!』

takaのブログ『でも素直にこれを受け取ってみると、日常生活ではほとんど悩まなくなったよ。』

ぐるぐる同じことを思い始めたら、悩んでもどうしようもないと自分に言い聞かせて終了です。

 

実は答えは分かっている人の場合

悩む考えるの違い

悩んでいる多くの人は、「本当はやるべきことを分かっているのに行動ができない人」なのかもしれません。

そんな方は、さっさと行動しちゃいましょう。笑

必要なのは覚悟を決めることだけ!

 

以前の記事、
★「インプットよりアウトプットの比率を増やす方法!成長スピードをUPさせよう

★「ブログに完璧主義は必要ない。目指すのは60%の文章だ!

でもお伝えしましたが、現代はどんどん行動しながら修正した方が圧倒的に楽だし、早いです。

 

takaのブログ集客講座『悩んでいる人は、決めたくないって意識が強いのかも。

現状を変えるのが怖い、自信がない、後悔したくないもんね。』

 

takaのブログ集客講座『決められないっていうのは建前で、実は決めたくないって気持ちがあるのか…。』

 

takaのブログ集客講座『私も優柔不断だったから分かるよ。

自分で決めるのって怖い。

充分に考えたつもりでも怖いときはある。

でも、悩んでいる時間よりも、考えて行動する時間を増やさないと何も進めないよね!

命にかかわるほどの重大なことで悩むのは仕方ないけど、日常生活では悩むより、考えて行動しちゃうことをおすすめするよ。』

 

まとめ:考えると悩むの違いは?

いかがでしたでしょうか?

結論
  • 考える=結果を出そうとすること
  • 悩む=同じことを思い、苦しむこと

 

簡単に答えなんて出せない!簡単に行動もできない!という人もたくさんいらっしゃいます。

しかし、私たちに残された時間は限られています。

悩んで立ち止まるより、考えて行動してみると、人生が変わるかもしれません♪

ぜひお試ししてみてくださいね。

 

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月でWeb広告で成果を出す方法
・オンラインを味方にする方法

のメルマガを

期間限定で、無料で配信中です^^

 



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です