★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

Web広告とは?初心者におすすめの2種類を分かりやすくご紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら
  • Web広告を出したいけど何から始めたらいいの?
  • 専門用語が難しくて分からない

というあなた向けの記事です。

今回は、初心者でもできるおすすめWeb広告運用を2種類ご紹介します。

おすすめWeb広告2種
  1. 検索広告
  2. フェイスブック(インスタグラム)広告

 


ざっくりと簡単に知りたい方はこちらから↑

↓以下は、詳しくご説明していきます。

あなたもこれを見たら、Web広告が身近に感じるようになりますよ。

 

初心者向けのWeb広告とは?

Web広告には沢山の種類があります。

ネットで検索すると10種類~40種類あります。

初心者の方がそんな種類を覚える必要はありません。

takaのブログ集客講座
『確かに。大企業じゃない限り、全部をやりきる人員も予算もないよね。』

takaのブログ
『まずは堅実なところからやっていこう!』

 

初心者におすすめのWeb広告の種類
1)検索広告

web広告 初心者

googleの検索広告

まずは検索広告です。

Webでキーワードを打つと出てくる広告のことです。

web広告 初心者

yahooの検索連動型広告

Googleやyahooに広告を出すと、このように表示されます。

takaのブログ
『とにかく初めての場合は、検索広告がおすすめ!』

takaのブログ集客講座
『なぜ?』

検索広告のメリットをご説明していきます。

 

1)興味のあるユーザーが見てくれる

めちゃくちゃ興味のあるユーザーに届くから!

以上!

takaのブログ集客講座
『こんな良い広告ないよ!』

検索広告は、キーワードを選んで広告を出すことができます。

検索してくる人は、あなたの商品に興味を持つ可能性がめちゃくちゃ高いです。

 

例)あなたは東京で工務店を経営しているとします。

そんなときは、「東京 工務店」というキーワードで広告を出します。(あくまで一例です)

「東京 工務店」で検索する人は、東京で工務店にお願いしたい人でしょう。

工務店にお願いしたい人から、確実に興味を持ってもらえますよね。

 

2)クリック課金なので少額から始められる

web広告 初心者

テレビ広告、新聞広告、Yahoo!のトップページに広告を出すのは、かなりお金がかかります。

媒体によって値段は変わりますが、数百万~数千万かかります。

 

テレビCMは1回流すだけで50万以上かかるところもあります。

takaのブログ集客講座
『たった1回で!? 10回で500万!』

takaのブログ集客講座
『そう、製作費は別ね。』

 

検索広告は少額から始められるし、広告を見るのはあなたの商品に興味がある人ばかりです。

クリックされなければ金額は発生しないので、予算が管理しやすいです。

 

デメリットはあるの?

多くの人にアピールできないというところはデメリットです。

検索した人にだけ広告が出るので、認知度を高める効果はないです。

 

初心者におすすめのWeb広告の種類
2)フェイスブック広告(インスタグラム広告)

インスタグラムはフェイスブックと同じ会社なので、どちらもおすすめです。

いまさらフェイスブック?と感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、おすすめの理由をお伝えします。

1)ユーザー数の多さ

 

図は2017年のものですが、フェイスブックはユーザー数が多いです。

アクティブユーザー数
  • フェイスブック:2,000万人超え!
  • インスタグラム:約2,000万人

 

 

インスタグラムは若い女性のSNSと言われていましたが、40代~50代も増えています。(男性も!)

有名なサイトでも2000万人を集めるのは難しいですよね。

多くのユーザーがいるところに広告を出せるので、認知度を高めることができます。

 

2)ビジネス向けとして認知されている

フェイスブックはビジネスのツールとして使っている人がいます。

インスタグラムも企業が多く取り入れているので、ビジネス用だと考えている人もいますよね。

広告には抵抗ない人が多く、受け入れられやすいです。

安心して広告を出せますね。

 

ちなみに、課金方法はクリック課金か表示課金か選べるので、こちらも予算の管理しやすいです。

デメリット

ペルソナが絞りにくい。

そこまで必要としていない人にクリックされても、結果に繋がらないという面があります。

(今後お客さんになってくれるかもしれませんが。)

 

ツイッター広告は?

takaのブログ
『フェイスブックが良いなら、ツイッター広告も良いんじゃない?

ユーザー数4,500万人だよね。』

takaのブログ集客講座
『ツイッターはビジネス感が薄いので、広告が浸透してないんだよね。

匿名の人が多くて、炎上も多い!

さらに匿名なので、ターゲティングが難しい!』

takaのブログ集客講座
『確かに、匿名の文化だもんね。』

もちろんツイッターで上手に広告を出している人もいますが、初心者にはおすすめしません。

 

まとめ:初心者におすすめのWeb広告とは?

いかがでしたでしょうか。

  1. 検索広告
  2. フェイスブック広告

以上の2種類が非常におすすめです。

 

一気に2種類やると、頭パンパンになっちゃうよーという人もいるかもしれません。

そんな人はやっぱり「検索広告」!

takaのブログ集客講座
『まず検索してくれた人たちに売れないなら、興味持ってない人に売れるとは思えないからね
!』

takaのブログ集客講座
『確かに!』

検索広告で、まずは売れるように作っていきましょう。

次は検索広告の出稿の方法を書いていきます。

≫『2018年最新!Google広告の出し方を分かりやすく説明します

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
・SEOに依存しない方法
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月で成果を出す方法

期間限定で、無料で配信中です^^



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です