★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

やさしいWeb広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

脱SEO対策のやり方とは?中小企業が最も注目するデジタルマーケティングは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら


こんにちは!脱SEOサービスMy’sマイズのゆうさん。です。

今日は脱SEOのやり方についてお話していきます。

  • SEO依存が怖い
  • SEOで上位にならない

という人はぜひとも読み進めてくださいね。

 

なぜ今、脱SEOなのか?

アメリカの中小企業は、約半数(49%)しかSEOに投資していないという調査があります。

Only around half of small businesses (49%) invest in SEO, suggesting small businesses do not find SEO as valuable as other digital marketing channels.

参照:How Small Businesses Use Digital Marketing Channels in 2019
https://themanifest.com/digital-marketing/how-small-businesses-use-digital-marketing-channels-2019

この理由は、SNSなど他のメディアの方が重要だと考えているからです。

 

1)Googleコアアップデートのリスク

  • 2017年12月Googleコアアップデート
  • 2018年8月Googleコアアップデート
  • 2019年3月Googleコアアップデート

と、頻繁に重要なアップデートが行われています。

Googleは年に3回程度のコアアップデートを行うと発表しています。

 

健康・金融以外でも「サイトが飛んだ」「順位が下がった」という声を多く聞きます。


『SEO依存は非常に危険です。売り上げが一気に下がる可能性も。』

 

2)Googleの求めるE-A-Tは大手向け

Googleは世界を良くすることを考えています。

疑わしい情報を上位表示してしまったら、ユーザーはGoogleを使わなくなります。

 

Googleは多くの人に安心して検索してもらうためにEATを求めています。

  • Expertise(専門性があること)
  • Authoritativeness (権威があること)
  • TrustWorthiness (信頼できること)


『権威性…。大手企業が上位を独占している理由が分かるね。』

 

以前のSEO対策

  • 記事が多いほど良い
  • 外部リンクが多いほど良い

最新のSEO対策

  • 記事の量は関係ない
  • 小手先の外部リンクは価値がない
  • 記事の質や専門性が問われている

SEOは日々変わるものです。

依存は絶対にやめておきましょう。

 

ゆうさん。デジタルマーケター『これまでのSEO対策は意味がなかったの?』

と、落ち込む人もいるかもしれません。

ハッキリ言って、中小企業と個人は上位表示しにくくなったことは確かです。

 

しかし、これまでの記事を無駄にせず、活用していきたいですよね!

これまでやってきたSEO対策を無駄にせずに、脱SEOする方法をご紹介します。

ブログやコンテンツを活かした脱SEO対策をしよう

誰しも書いたブログやコンテンツを無駄にはしたくありませんよね。

ホワイトペーパーの作成

これまで一生懸命書いたブログは、順序立ててPDFデータにします。

電子書籍にしても良いですし、PDFのまま無料特典でもOKです。

ゼロから作るとなるとハードルが高いですが、今までブログを書いてきたなら編集だけで済みますよね。

 

作ったホワイトペーパーはメルマガ登録の特典にすると、広告やSNSで認知を広げるときに使えます。

Web広告

Google広告

年々、2桁成長が続くWeb広告。

2019年はWeb広告費が、総広告費の40%になると予想されています。

 

先ほどお話したホワイトペーパーを特典にして、メルマガの読者さんを増やすという手があります。

広告を出すことで、今まで知らない人にも知ってもらうことができます。

特典があれば、通常よりメルマガ登録率が上がる傾向にあります。

 

他には、「SEOで上がらなかった!」「記事の質は自信があるのに!」という記事を、広告で多くの人に見てもらいましょう。

Google広告に出すと、即お客さんになってくれる可能性が高いです。

Facebook広告やInstagram広告に流せば、潜在顧客(隠れたユーザー)にも響く可能性があります。

顧客をゲットするのに非常に有効です。

SNS

アメリカの中小企業が、もっとも力を入れると言っているSNSマーケティング。

 

あなたのフォロワーさんは、ターゲットとマッチしていますか?

マッチしているならSNSにも記事を載せましょう。

SNSでは、インスタントな投稿が好まれるため、1記事を複数に分けて投稿することも可能です。

しっかりとターゲティングできていれば、ユーザーに喜ばれつつお客さんになってくれますよね。

分析

デジタルマーケティングのなかで、もっとも重要といわれている分析。

 

SEOで上がらないからといって、サイトの分析をしないのは会社の損失です。

大切な人たちに逃げられないように、分析してサイトを改善していきましょう。

 

少ないアクセス数でも、今まで書いた記事を大切にして、導線を作っていきます。

濃い内容を提供することで、ユーザーに信頼してもらいましょう。アクセス数は関係ありません。

あなたに興味をもつようにサイトを改善したら、数が少なくても自然とお客さんになってくれます。

 

まとめ:脱SEOのやり方とは

  1. ホワイトペーパー
  2. Web広告
  3. SNSマーケティング
  4. 分析

 

 

これまでのSEO対策を活かしつつ、脱SEOもしていきましょう。

 

これから必要とされるのは、「情報をどう活かすか」です。

 

情報だけならWikipediaで足ります。情報の先をどうするのかが求められています。

ユーザーに心から楽しんでもらうために、まずあなたが何をできるのかを考えてみましょう。

おまけ

脱SEOについて知りたい方は、脱SEOのノウハウをメルマガで公開しています。

↓登録してみる方はこちら↓



脱SEOのノウハウ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です