■お仕事のご相談はお気軽にどうぞ■

デジタルマーケター、WEB広告の先生、動画プロモーション、ブロガー、たまに旅人。

【中小企業のSEO対策のプロが教える】ホームページ集客に使える戦略とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター/ライター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ

◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆SEO+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

はじめに:SEO対策業者はたくさんありますが、情報が古いものには充分ご注意ください。

最後にGoogleコアアップデートがあったのが2019年6月4日です。(2019年8月22日現在)

それより前の記事は情報が古い可能性があります。


こんにちは。中小企業にSEO対策を教えているゆうさん。です。

  • SEOで上位にならない
  • 本当に効果があるの?
  • 売上をもっと伸ばしたい!

という人はぜひとも最後まで読んでみてください。

中小企業のSEO対策の現状とは?

今、SEO対策は大手企業が有利になっています。

 

Googleの求めるE-A-Tは大手向け

Googleは多くの人に安心してもらうためにEATを求めています。

  • Expertise(専門性があること)
  • Authoritativeness (権威があること)
  • TrustWorthiness (信頼できること)


権威性…。大手企業が上位を独占している理由が分かるね。』

 

しかし中小企業にもチャンスがあります。

実際に、私は個人サイトですが200以上のキーワードで1~3位を獲得しています。

中小企業向けSEO対策

順位の画面です

なぜこんなことが可能かというと、大手とは狙うキーワードを変えているからです。

ポイントは、大手企業がカバーしきれない”細かいキーワード”を狙うこと!

 

なぜ中小企業のSEO対策は細かいキーワードがおすすめなのか?

大きいキーワードは、たとえ1位になったところで多くのライバルから狙われます。

また、アップデートの影響も大きく、あっという間に圏外になる可能性が高いです。

大きなアップデートは年に3回程度起きます。

  • 2017年12月Googleコアアップデート
  • 2018年8月Googleコアアップデート
  • 2019年3月Googleコアアップデート
  • 2019年6月Googleコアアップデート

1位になって喜んでも、翌月に20位になって注文がゼロになってしまったら悲しいですよね。

 

細かいキーワードの場合、大手企業も労力をそこまで避けません。(労力の割に儲からないから)

アップデートで飛ぶことも少ないです。

ライバルが少ないところを狙い、安定性の高いWEB戦略をしていきましょう。

 

中小企業のSEO対策は2つのツールでOK

世の中にはたくさんのツールがありますが、最初は2つでOKです。

有料のツールは、効果が出てから使いましょう。

最初は無料のツールで、確実に結果を出しましょう。

 

1)関連キーワード取得ツール

どのような検索されているかを調べられるツールです。

関連キーワード取得ツール

↑無料ツールです。

左上の枠に、「SEO対策」と打っていただければ、他にどんなキーワードで調べられているかが分かります。

  • 「SEO対策」
  • 「SEO対策とは」
  • 「SEO対策 方法」

など沢山のキーワードで調べられていますよね。

その中から、勝てそうなキーワードを探していきます。

詳しくは、「キーワード選定が難しい人へ SEO対策で1位を50個以上取ったやり方!」をご参照ください。

 

2)Googleサーチコンソールで順位とクリック率を知る

Googleサーチコンソール 分析

Googleサーチコンソールも無料のツールです。

対策をしてから3~6か月ほど時間が経つと、あなたのサイトに順位がついてきます。

その順位を見られるツールです。

  1. タイトルを変更する
  2. 別の記事を書く
  3. 内容を変更する

という対策をしていきます。

 

詳しくは「Googleサーチコンソールの分析方法!検索キーワードからサイトを改善しよう」も参照ください。

 

 

SEO対策もまだまだキーワードによっては勝てます!

ただし、SEO対策以外も同時にやっていくと、さらに効果が高いので、SEO以外の方法もお伝えします。

 

中小企業がSEO対策だけに依存するのは危険

中小向け seo対策

ビジネスにおいて、何か一つに依存することは危険です。

【クライアントMさんの話(実話)】

SEO業者にずっとお願いしてきたけど、アップデートでアクセスが激減!

ゆうさん。デジタルマーケター

Mさん

「どうなっているんですか?もう上がらないんですか?」

ゆうさん。デジタルマーケター

某SEOコンサル

「今、対策を練っているところで…」

Mさんは、その言葉を信じてお金を払い続けました。

 

半年後、まったくアクセスが戻らず聞いてみると、「対策を練っているところで…」と同じ回答が来たそうです。

結局、払い続けたお金も時間も戻らず。

信用できなくなったためSEO業者とは契約を解除。

 

WEB戦略を相談いただいたので、私はSEO対策を止めることを提案しました。

その分、WEB広告・SNSのやり方を教え、集客できるようになっています。

各方面から情報を集めている人は気付き始めていますが、SEOだけでは無理です。

ゆうさん。デジタルマーケター

某SEOコンサル

「いえ、我が社なら検索上位にできます。」


「…お金や時間に余裕がある大手企業なら良いよ。

中小企業が大企業と同じことをやるのは、費用対効果が悪すぎだよね?」

 

アメリカの中小企業は、約半数(49%)しかSEOに投資していないという調査があります。

Only around half of small businesses (49%) invest in SEO, suggesting small businesses do not find SEO as valuable as other digital marketing channels.

参照:How Small Businesses Use Digital Marketing Channels in 2019
https://themanifest.com/digital-marketing/how-small-businesses-use-digital-marketing-channels-2019

(翻訳):中小企業の約半数(49%)のみがSEOに投資しており、中小企業は他のデジタルマーケティングチャネルほどSEOを価値がないと考えています。

アメリカの中小企業は、SEOだけではダメだと気が付いているわけです。

 

広い視野でホームページ集客の戦略を立てよう!

中小企業向け seo対策

実は視野を広くした方が、簡単に対策できます!

ライバルがいないところを攻めると、楽に結果が出るからです。

ゆうさん。デジタルマーケター
『これまでのSEO対策は意味がなかったの?』


『もしすでにSEO対策をしてきた場合も、
意味ありますのでご安心を。

これまでやってきたSEO対策を無駄にせずに、売上を上げる方法をご紹介します。』

 

ブログやコンテンツを活かした脱SEO対策のやり方

1)ホワイトペーパー(無料PDFなど)の作成

これまで一生懸命書いたブログは、順序立ててPDFデータにします。

電子書籍にしても良いですし、PDFのまま無料特典でもOKです。

ゼロから作るとなるとハードルが高いですが、今までブログを書いてきたなら編集だけで済みますよね。

 

作ったホワイトペーパーはメルマガ登録の特典にすると、広告やSNSで認知を広げるときに使えます。

(無料特典があると、メルマガ登録率が上がります!)

2)Web広告

Google広告

年々、2桁成長が続くWeb広告。

2019年はWeb広告費が、総広告費の40%になると予想されています。

 

先ほどお話したホワイトペーパーを特典にして、メルマガの読者さんを増やすという手があります。

広告を出すことで、今まで知らない人にも知ってもらうことができます。

 

他には、「SEOで上がらなかった!」「記事の質は自信があるのに!」という記事を、広告で多くの人に見てもらいましょう。

Google広告に出すと、即お客さんになってくれる可能性が高いです。

Facebook広告やInstagram広告に流せば、潜在顧客(隠れたユーザー)にも響く可能性があります。

顧客をゲットするのに非常に有効です。

3)SNS

アメリカの中小企業が、もっとも力を入れると言っているSNSマーケティング。

 

あなたのフォロワーさんは、ターゲットとマッチしていますか?

マッチしているならSNSにも記事を載せましょう。

SNSでは、インスタントな投稿が好まれるため、1記事を複数に分けて投稿することも可能です。

しっかりとターゲティングできていれば、ユーザーに喜ばれつつお客さんになってくれます。

4)分析

デジタルマーケティングのなかで、もっとも重要といわれている分析。

 

SEOで上がらないからといって、サイトの分析をしないのは会社の損失です。

大切な人たちに逃げられないように、分析してサイトを改善していきましょう。

 

アクセス数は関係ありません。

あなたに興味をもつようにサイトを改善したら、数が少なくても自然とお客さんになってくれます。

 

SEO依存を止めて売上が伸びた例

中小企業 seo対策

クライアントのG社は、SEOもまだチャンスはありました。

しかし、結果が出るのに半年はかかるので、先にWEB広告に注力。おかげで売上は150%以上アップ。

閑散期にはSEO対策も行います。

中小企業向け seo対策

Yさんは広告がガラ空きだったため、広告を出して売上が6倍に。

ライバルがいないため、広告単価も安く順調にお客さんを獲得しています。

次はSNSも対策をして、さらにお客さんを増やす予定です。

中小企業向け seo対策

Mさんは切り口を変えたことにより、MEOでライバルがたった1社。(店舗ビジネスの人には奇跡ですよね。)

SEOに依存していたら新規がゼロのままだったので、切り口を変えて本当に良かったです。

 


文字が多くて疲れてしまった方へ。
動画でこのブログの内容を解説しています↑(内容はブログと同じです)

まとめ:中小企業は、SEO+脱SEO対策との組み合わせでホームページ集客に繋げよう

  1. 細かいキーワードのSEO対策
  2. ホワイトペーパー
  3. Web広告
  4. SNSマーケティング
  5. 分析

SEO対策もやりつつ、脱SEOもしていきましょう。

他にも対策を知りたい方は、「2019年に【中小企業がやるべきデジタルマーケティング】とは?」を読んでみてください。

 

これから必要とされるのは、「情報をどう活かすか」です。

情報だけならWikipediaで足ります。

ユーザーに心から楽しんでもらうために、どんな戦略ができるのかを考えてみましょう。

 

もし、SEOやSEO以外のやり方を指導してほしい場合は、ご相談ください^^

ゼロからの立ち上げも得意ですのでお気軽に。

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター/ライター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ

◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆SEO+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です