■お仕事のご相談はお気軽にどうぞ■

やさしいWeb広告の先生、デジタルマーケター、たまに旅人。

社外WEB担当者のススメ。コンサルタントが意味ないと感じる人へ

 
社外WEB担当者
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター/ライター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ

◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆SEO+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

コンサルタントなんて意味ないと思っている人に、社外WEB担当者の良さをご紹介したい!

「社外WEB担当者」をご存知でしょうか?

 

社外WEB担当者:社員以外の人が、WEBの戦略立案や運用をすること。

今回は、WEBの戦略を考える担当者のお話です。

ゆうさん。デジタルマーケター
『社外の人にわざわざ頼むの~?』

社内だけでWEB戦略を立て、運用したいと考えている企業は多いです。


『私も企業のWEB担当者だったとき、自分たちだけで頑張ろうと思ってたよ。』

ゆうさん。デジタルマーケター
『商品のことを全然知らない人が来ても、役に立つわけがないよね。(決めつけ)』

全世界のコンサルタントの皆様には申し訳ないですが、怪しいイメージしかありませんでした。

しかし、現れたコンサルタントMさんと話していくうちに、自分たちの知識だけでは不十分だと感じるようになったのです。

 

社外の人の力がこんなに重要だったなんて…

今回は「社外WEB担当者」の効果についてご紹介します。


『私が社外WEB担当者を始めるきっかけとなった話でもありますので、最後まで読んでみてください。』

 

WEBを自社だけでやっていた時


『自社だけでやると、どんな数字が正解か分からないんだよね。』

WEBマーケティングの正しい方法なんて誰も知りません。

無料セミナーに行ったところで、バックエンドの営業をされるし…。

バックエンド:マーケティング用語で、収益を出すための商品。

数百万など高額なことが多い。

有料のセミナーは数千円なら行かせてもらえるけれど、高額のセミナーは上司の許可を取るのが怖い…。

当時は、自分がどうしたらいいのか分かっていませんでした。

 

少し聞きかじってきたことを、上司に確認を取って行動。

結果が出なければ、また聞きかじってきて、上司に確認…の繰り返し。

上司もWEBマーケティングについて分かっているわけではないので、苦労しているのが見えます。

 

そんなある日、社外WEB担当を雇うことになります。

この時点では、「怪しいイメージしかないコンサルタント」と心の中で呼んでいました。(失礼)

社外の人に対する圧倒的な反抗心


『ほんとにお恥ずかしいですが、反抗心めちゃくちゃ持ってました。。。』

1番初めに思ったことは、私たちだけでできるのに、という反抗心でした。(実際はできてない)

  • 社外の人にお金を払うくらいなら、給料を上げてほしい
  • 今までやってきたことが無駄になるのか
  • どうせ詐欺だろう

いろんな否定的な言葉が浮かびました。

わざわざ社外の人を雇う意味が分からない。

だけど上司の決定だから仕方ない。まずは数か月のお試しでMさんと一緒に働くことに。

態度には出さないものの、やる気が削がれたのは言うまでもありません。

 

外部WEB担当者と改名した(心の中で)

否定的なことを考えていても、仕事は真面目にやります。


『さて、今日も打ち合わせ!』

コンサルタントは偉そうにダメ出しをして、成果が出ようが出まいがおかまいなし。

口を開けば「トヨタ式」しか言わずに、会社に合っているかなんて気にせずに帰っていく。

ゆうさん。デジタルマーケター
『トヨタ式!トヨタ式!』

 

―というイメージだったのですが、まったく違いました。

Mさんは真剣に打ち合わせに参加しています。

本気で売り上げのための提案をし、社員の気持ちも重視し、WEB担当だけでなく工場で働く人の気持ちも考えていました。

 

あれ…、もしかして真剣かも…。(気づくのが遅い!)

 

コンサルタントのイメージががらりと変わりました。

イメージだけでなく、停滞していたWEBマーケティングが動き始めたです。

ブランディングも上手で、安心感さえありました。

これが社外の人を入れる価値なんだ…!!

 

想像以上に手も頭も動かしてくれている!

「怪しいコンサルタント」と呼んでいたことを反省し、「仕事ができる社外WEB担当者」と呼ぶことにしました。

ゆうさん。デジタルマーケター(心の中で呼んでるだけです。ちゃんとお名前で呼んでます。)

社内と社外の人がいるからこその相乗効果。

ゆうさん。デジタルマーケター
『社外WEB担当者に任せておけば安心!』

とはいえ、社内の人間(私たち)が、ぼーっとしているわけではありません。

  • 商品に詳しい
  • 業界用語に詳しい
  • 業界の最新情報に詳しい
  • 社内の情報が入る

社内の人間だからこそ得られる情報があります。

営業さんとも話をするので、面白い製品を作っていたらすぐ教えてもらえます。

情報をいち早くキャッチし、活かせないかと考えられるのは社内の人間ならではです。

「社内の良さ」と「社外の良さ」がある。

社内×社外を組み合わせることで、より一層アイディアが膨らむのを感じました。

 

ゆうさん。デジタルマーケター
『視点の高さが変わったよ。』

最初は「こんなアイディアなんかダメだ」「売れるわけがない」と否定的な考えをしていたのに、「もしかしたら売れるかも」「もっと広めるにはどうしたらいいんだろう」と前向きに考え方が変わるのを感じました。

まるで化学反応です。社外の人と、何かを考えるのってこんなに影響力があるんだ!

頭がすっきりして、目の前の景色が一段階明るくなります。

当時私は10年近く同じ会社で働いていましたが、今まで頭の中にモヤがかかっていたことに気が付きました。(気づくのが遅い!)

 

 

Mさんのアイディアを実行し、20代の後輩(社内)が追加のアイディアを持ってきて実行し、私もそれに乗っかって企画をし…

とんとん拍子に、大手企業とのコラボレーションを勝ち取ることができました。(ほんとうに嬉しかったっっ!!)

 

まとめ:社外WEB担当者がいるとこんなに変わる。コンサルタントは意味あるよ!


『最初は本当にイヤだったけど(失礼)、信頼できる人に出会えてよかった!』

もちろんWEB集客の知識を教えてもらえたのは嬉しいですが、一番良かったのは、自分とは違う視点を知ったことです。

 

社内だけで頑張ろうと考えるのも素敵なことです。

しかし、もし社内だけの施策に疲れていたら、外部から数か月だけでもいいので人を呼んでみるのもよいかもしれません。

ぜひお試しを!

 

こちらの記事も読まれています↓

関連記事:社外WEB担当者を真剣におすすめする理由3つ

売上が伸びるWebサイトを作りたいあなたへ

SEO×広告で、前年比160%売り上げた方法!

・広告から月75人成約するコツ
・SEOでも月30人成約するコツ
・LP成約率50%の秘密

100名以上の方が登録している
無料メルマガ配信中^^

今だけ、男女別の好きな色調査レポート(28P)を無料公開しています!
100名以上にご協力いただき、アンケート期間から考察まで、作成に1か月かかったレポートです。
無断転載などは止めてくださいね^^

女性が好きな色ランキング


↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター/ライター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ

◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆SEO+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です