WEBマーケティング・オンライン講師スクール代表

周りに頼れなかった私が、周りの人に応援してもらえるまで

    
社外WEB担当
\ この記事を共有 /
周りに頼れなかった私が、周りの人に応援してもらえるまで

こんにちは

デジタルマーケターのゆうさんです♪

今回は他人に頼ろうというお話です!

 

まずは応援ありがとうございます

前回の記事で、

「プレスリリースの書き方セミナーをオンラインで開催します!」

―と言ったところ、

  • 即効、参加してくださる人
  • シェアしてくれる人
  • すごい結果ですね!と言ってくださる人

と、いろんな方に応援してもらっております。

本当にありがとうございますッッ!涙

 

この応援って、私にとっては「嬉しい!」というレベルではなくて、

 

「本当に嬉しいぃぃ!!!!!!」です。

 

周りに頼れない生き方

私はずっと周りに頼らないことがカッコイイと思ってきました。

小学生のとき勉強ができたので、一人で何でもできることが当たり前だと思っていました。

 

親からも「手がかからない」と言われ、「手がかからない」=正義という構図ができていました。

 

  • 私は一人でできる
  • 何でもできる
  • 私ってすごい!

そう思って生きてきたのに、、、

 

本当は何故か息苦しかった。

 

ツラくて怖くて泣きたい日もたくさんあったけど、プライドばっかり高くて認めたくなかったので、気のせいだと笑い飛ばしていました。

だって私はできるから――。

 

少しずつ頼れない自分が変わった

いまだに意地っ張りで、見栄っ張りで、プライド高いので、できる人だと思われるように振舞っています。

そのおかげですごいと言ってもらえることもあります。

 

その言葉は単純に嬉しいし、もっと成長しよう!と原動力にもなります。

 

でも、少しだけ変わってきたことは、「周りと一緒に成長するのも楽しいんじゃないか」という気持ちが出てきたことです。

 

自分だけじゃなくて、周りにいる人を応援したい!

そして自分も応援される人になりたい!(ちゃっかり。笑)

一人で鼓舞して頑張るのもかっこいいけど、みんなでワイワイ成長するのもかっこいいよね。

 

これまでは「自分がすごい」というのが大きな価値だった。

でも「応援したい人がいる、応援してくれる人がいる」ことが私にとって価値になった。

 

孤高の人として生きていきたいという願望もあったけど、誰かーー!応援してーー!ヘルプミー!って言い合える関係も素敵だなぁ。

 

もしあなたが応援してもらえる人なら、自然とそれができるって本当に羨ましい。

「応援してもらいたいのに、されない…」「周りに頼れない…」という人は、まず「誰かを応援したい」って気持ちを見つけてみよう。

 

では質問です。あなたは誰のことを応援したい?

SEO 即効性

あなたがコメント、シェア、イベント参加をするのは誰のとき?

  • 自分?
  • 有名人?
  • すごそうな人?
  • お金を持っている人?
  • 与えてくれた人?
  • それとも…?

これって全部自分に返ってくるもので、「お金を持っている人だけ」を応援してる人は、自分もお金を持たないと応援してもらえないよね…。

単純で当たり前だけど、当たり前を知っている人だけが応援されるんだろうな。

 

まとめ:人に頼れない不器用さんは、自分から応援しよう!

ネットが進化して、コミュニケーションの手段が増えすぎた今では、人とどう向き合っていくのかがすごく大切。

 

応援したい!って心から思えることで、人との関わり方が変わった。

周りを応援するようになってから、応援してくれる人の気持ちを理解できるようになった。

 

そして、良い意味で「自分一人でできることなんてたいしたことない」って理解できるようになった。

得意な人に頼ればより良いものができるし、自分の方が得意ならやればいい。

応援するし、応援してもらえたら最高に嬉しい!

 

 

とにかく今は本当に嬉しいぃぃ!という気持ちを伝えなければと強く強く感じたので書いてみた!

締め方が難しい…

終わり!ではまたねーーー