★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、デジタルマーケッター、低PV集客の専門家

【初心者向け】タグマネージャーの導入・設定方法2019年1月

 
タグ
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら
  • タグマネージャーよく分からないけど便利そう
  • 導入方法が知りたい

という方のための記事です。

サクッとタグマネージャーを設定してみましょう。

タグマネージャーが何なのかザックリ知りたい方は、「Googleタグマネージャーとは?初心者にも分かりやすい説明するよ」も参考にしてください。

タグマネージャーの設定方法 2019

1)アカウントを作る

Googleのプラットフォームにログインします。

ログインするとこのような画面になるので、タグマネージャーを探しましょう。

今後もプラットフォームのページは使うので、ブックマークしておくとよいですよ。

  • 「設定」を押す

コンテナという名前で分けられています。アカウントみたいなものです。

  • 「アカウントを作成」を押す

  • アカウント名を決める
    (あなたの社名・サイト名・名前など)
  • 国を選ぶ
  • Googleや他の人と匿名でデータを共有:チェック
    (匿名なのでデータ共有してもOKです)
  • 「続行」を押す

次にコンテナの設定です。

コンテナ名はドメイン名を入れると分かりやすいですよ。

  • コンテナ名を入力
  • コンテナの使用場所を選ぶ
  • 「作成」を押す

ちなみに

今後ログインする際は、コンテナ名を押すとログインできます。

Englishで利用規約が出てくる。…気にせず同意しました。

  • 下の同意しますにチェックを入れる
  • 右上の「はい」を押す

Englishだったので、読める方は挑戦してみてください。

日本語はなかった…。

とりあえずこれでアカウントは作れました。

2)コードを貼り付ける

次はサイトにコードを貼り付けましょう。

利用規約に同意するとこの画面が出てきます。

これを貼りつけていきます。

この画面消しちゃった!という人も、

タグマネージャーのホーム画面のIDを押せば、また出てきますのでご安心くださいね。

今回はワードプレスを使っている人向けに解説します。

違う方法でサイトを作成されている方は、Web担当やホームページ制作会社にコードの貼り付けをお願いしてください。

ワードプレスのテーマ「seal1.5」をご利用の方

私が今使用しているワードプレスのテーマなんですが、素晴らしく便利な機能がついていて貼り付けが楽なんです。

外観→カスタマイズ→便利設定

もはや名前が「便利設定」ですからね!

そりゃもちろん便利です。

headタグと〈body〉直後という部分に、上のコードと下のコードを入れたらOKです!

順番もそのままなので間違えにくい!

テーマに悩んでいる方はぜひ→WordPressテーマSEAL ver.1.5
収益化目指している人にオススメのテーマです。

seal以外のテーマの方

  • 外観→テーマの編集を押す

  • 親テーマを選んで、「選択」を押す

ワードプレスは「親テーマ」と「子テーマ」を使っている人が多いです。

その場合、親テーマを選びます。

子テーマを使っていない場合は、選ぶ必要はありません。

(既に親テーマが選ばれているため)

  • テーマヘッダーを押す

テーマフッターも近くにあるので、お間違えの無いよう。

  • 〈head〉を探す

Ctrl+Fで検索できるので、検索すると楽ですよ。

  • 〈head〉が見つかったら、エンターを押して下1行あける。

そこに上のコードを入力します。

次は下のコードです。

下にスクロール、もしくは検索をして、〈body〉または〈body~〉を探す。

  • また下1行あける

  • 下のコードを貼り付ける

貼り付けられました。

  • 「ファイル更新」を押す

これでコードの貼り付けが終わりました。

無事にタグマネージャーが設置できました。

まとめ:【初心者向け】タグマネージャーの設定方法2019!

いかがでしたでしょうか?

  1. アカウントを開設する
  2. タグを貼り付ける

私、タグマネージャーを設置したときはさっぱり意味が分かりませんでした。

しかし使っていくことで徐々に分かるようになりますよ。

 

タグマネージャーの導入だけだと、何にも使えないので、

次はGoogleアナリティクスをタグマネージャーで管理していきましょう!

【初心者向け】Googleアナリティクスをタグマネージャーで管理する手順

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月でWeb広告で成果を出す方法
・オンラインを味方にする方法

のメルマガを

期間限定で、無料で配信中です^^

 



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です