★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

やさしいWeb広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

Google広告でフレーズ一致を、絞り込み部分一致に一括で変える方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

Google広告を出しているときに、

  • フレーズ一致のキーワードを、絞り込み部分一致に変えたい!

というときがありますよね。

そんなときに一括で変える方法をご紹介します。

結論
  • エクセルの置換を利用する

丁寧に説明していきますね。

 

Google広告でフレーズ一致を、絞り込み部分一致に一括で変える方法

フレーズ一致や絞り込み部分一致って何だっけ?という場合は、「広告の「部分一致」と「フレーズ一致」の違いは?キーワードは絞り込みした方が良いの?」を参考にしてください。

今回はフレーズ一致→絞り込み部分一致にする方法です。

“海外旅行 チケット”

というキーワードを、

+海外旅行 +チケット

に変更しましょう。

キーワードが10個くらいなら手動でも良いですが、数十~数百まであると手動ではかなり時間がかかってしまいます。

そこでエクセルを使いましょう。

同じ方法で、完全一致や部分一致も、絞り込み部分一致に変換できますよ。

 

1)エクセルをダウンロードする

まずはGoogle広告から、キーワードを一括ダウンロードしましょう。

フレーズ一致を絞り込み部分一致に

  • 「キーワード」を押す
  • ダウンロードを押す

  • ダウンロードする

  • エクセルを開く

Bの列にキーワードがあるので、隣3列を新しく作る。

  • 青く囲んだCのところで、右クリックする

  • オプションが出てくるので「挿入」を選ぶ

1列増える。

  • あと2回繰り返す。

3列増やせました。

2)キーワードを置換させる

B列を変えていきます。

「”」を消したいので、置換で削除する

  • 「Ctrl+H」を押す

「検索と置換」が出てきます。

  • 検索する文字列「”」を入力
  • 置換後の文字列には何もしない
  • すべて置換を押す

これで「”」を削除できました。

キーワードとキーワードの間に「 +」を入れたい。

  • またCtrl+Hを押す
  • 検索する文字列「 」←半角スペース
  • 置換後の文字列「 +」←半角スペースと半角プラス
  • すべて置換を押す

 

キーワードの間の「半角スペース」を「半角スペースと半角+」に変えた。

キーワードの頭に「+」を付けたい!

  • C列に「+」と入力する

昔のエクセルの場合、「’」を付けないとプラスが数字認識されて消えてしまいました。

今のエクセルの場合、そのまま+と打つだけでOK。

もし、プラスが消えてしまう場合は、「’」を打ってください。(SHIFT+7)

複製する

  • プラスの枠を選択する
  • 枠の右下にマウスを持って行くと、マウスが黒い十字架マークになる。
  • 左クリックを押しながら下に複製する。

コピーされた。

さらに隣の列でプラスとキーワードを合わせる

  • D列に式を入力する。「=C4&B4」

頭にプラスが付きました!

 

  • また枠の右下にマウスをかざして、黒い十字架にした状態でコピーをする。

数式から値へ

見た目はよさそうだけど、赤い枠をみると、式の状態だと分かる。

  • キーワードを一気に選択する

  • 隣の列に貼り付ける

  • 貼り付けたときに、マークが出てくるので押す

 

  • オプションが出てくるので、「値」を選ぶ
    「値の貼り付け」⇒「123のマーク」

赤い枠をご覧ください!

E列の数式が、キーワードになりましたね。

 

キーワードを変更することができました!

 

3)Google広告にアップロードする

それではGoogle広告の方に戻しましょう。

その前にひと手間。

  • B列・C列・D列を削除する
  • B3に「keyword text」と打つ
  • 保存する

  • Google広告の画面に移動する
  • 「キーワード」から「詳細」を押す

  • 「アップロード」を選択

このような画面が出てきます

  • 「選択」を押す

  • ファイルをアップロードを選ぶ

  • 「ファイルを選択」からファイルを選ぶ

  • エラーが無いか、「プレビュー」を押してチェックする

  • エラーが出なかったので、「ファイルを適用」を押す

フレーズ一致に絞り込み部分一致のキーワードが追加されました。

広告グループも、ごちゃごちゃになることもなく、成功です!

注意:アップロードでエラーになる場合

やり方はまったく一緒なのに、プレビューでエラーになることがありました。

「このスプレッドシートにはヘッダー行がありません」というエラーが出て、どうにもできませんでした。

アドワーズエディター(別のツール)を使うとできるようですが、広告グループが10個くらいなら、悩むよりも貼り付けした方が早いです。

エクセルで、広告グループごとに並べ替えをしましょう。

その後、エクセルからコピーして、新規キーワード作成のところに貼り付けてしまいましょう。

まとめ:Google広告でフレーズ一致を、絞り込み部分一致に一括で変える方法

いかがでしたでしょうか?

takaのブログ集客講座『手打ちするはめにならなくて良かったー』

大量のキーワードを入力するのは、大変ですよね。

今回のやり方ですと、一個一個手打ちする必要がないので非常に簡単にできますよ。

「置換」は広告以外でも使える技なので、ぜひ覚えてみてくださいね。

 

お読みいただきありがとうございました。

広告大変だから、代行をお願いしたいなーと考えている方はこちらも参考にしてみてくださいね。

次に読むのにおすすめの記事はこちら

広告運用とは?運用代行は何をしてくれるの?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター

・中小企業のWeb担当+SNS担当⇒独立。
・中小企業や個人事業主など少数精鋭で、実直なアクセスアップやCVR改善が得意。

◆主にデジタルマーケティング記事、Web広告記事、SEO記事、中小企業様向け記事をアップ
◆Web担当育成プラン、Web広告代行プラン、単発相談プランも開催中
◆「seo業者にお願いしても、結果が出なかった」というクライアントさんのMAP検索1位にすることに成功
◆サイト+Web広告の相乗効果で、1か月に約100名の申込みを達成
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です