★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、女性デジタルマーケター、低PV集客の専門家

Googleタグマネージャーで広告のコンバージョントラッキングを設定する

 
ウェブサイト コンバージョン アクションが設定されていません
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら
  • Google広告を出したら、タグマネージャーを使ってコンバージョンアクションの設定をしましょう
今日やること

⇒コンバージョン トラッキング タグを設定!

【コンバージョン】:目標の達成

詳しくは、【図解】広告用語を解説!コンバージョンとは?CPAとは?も参考にしてみてください。

【トラッキング】:ユーザーがどこを閲覧しているかを分析すること。

takaのブログ集客講座
『すでに分からない単語が並んでるけど、簡単なのでやっていこう♪』

 

ウェブサイト コンバージョン アクションが設定されていません

ウェブサイトコンバージョンアクションが設定されていません

広告を出したときに、こんな通知が出ていませんか?

takaのブログ集客講座

『コンバージョンを広告の目標としたなら、しっかり計測しようねって意味だよ。』

 

ぜひ一緒に、コンバージョン アクションを設定してみましょう。

これを設定することで、広告からコンバージョンしているかが分かりやすくなります。

タグマネージャー

今回は、注文してもらうことをコンバージョン(目標の達成)と考えているとします。

  • 注文した人=サンキューページを見た人

takaのブログ
『注文した人は、絶対にサンキューページを見てるよね。

今回はサンキューページにタグを付けるよ!』

 

それでは、「タグマネージャー」を使って、コンバージョントラッキングタグを設定していきます。

Googleタグマネージャーの登録方法は、【初心者向け】Googleタグマネージャーの導入・設定方法2019年1月を参考にしてください。

 

Google広告コンバージョントラッキングタグの設定方法

GoogleタグマネージャーまずはGoogleタグマネージャーを開きます。

新しいタグをクリックします。

Googleタグマネージャー

左上に、タグの名前を入力しましょう。

「広告Aコンバージョンタグ」など、後から見て分かりやすい名前が良いですね。

次にタグの設定を押します。

 

Googleタグマネージャー

Google広告のコンバージョントラッキングを押します。

(Google以外の広告の場合は、一番下のカスタムHTMLに入力します。)

コンバージョンIDとコンバージョンラベル

「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を入力します。

 

takaのブログ
『このIDとラベルは、Google広告の方で見たよ!』

IDとラベルの確認方法は以下の通りです。

コンバージョンIDとラベルの確認方法

Google広告を開きます。

google広告トップ

トップページから探せます

右上のツールを押します。

google広告 コンバージョン

測定の中の「コンバージョン」を押します。

対象となるものをクリックします。

ちなみにここに、対象となるものが出てこない場合は、「【初心者向け】コンバージョンアクションが表示されない場合」でコンバージョンアクションを設定していきましょう。

タグを設定するを押す。

タグマネージャーを選びましょう。

この表示された英数字を、先ほどの欄に入力します。

では続きです。

 

コンバージョントラッキングタグの設定続き

タグマネージャーに戻ります。

「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を入力したら、下にスクロールします。


次は下のトリガーを選択します。

 

右上のプラスから新しいトリガーを設定できます。

名前を入力します。

「サンキューページ」などこちらも分かりやすいページ名を入れます。

タイプを選択しましょう。

ページビューを選びます。

(最初にも言いましたが、今回の場合、サンキューページが表示されたらコンバージョンです。)

ページの設定をします。

一部のページビューにチェック。

「Page URL」を選択します。

サンキューページが1つの場合は、真ん中は「等しい」を選択。

右側にURLを入れます。

(「含む」だと、入力したURLを含んだものがトリガーになります。

例:●●.com/thanksで登録した場合、●●.com/thanks/2 もトリガーになります。 )

入力したら完了を押します。

 

次は公開作業です。(後はもう簡単!)

公開ボタンを押します。

ここで、今回やったことの説明を書きましょう。

takaのブログ
『便利!後から見て分かりやすいね!』

後から見て分かればOKです。

続行を押して、これで完了です!

 

コンバージョントラッキングの確認方法

しっかりタグが付けられたか確認する方法があります。

タグマネージャーのトップに戻ると、「プレビュー」があります。

プレビューを押すと、オレンジのバーが出てきます。

オレンジのバーが出てきたときは、プレビューモードとなっています。

 

では、タグを埋めたあなたのサイトを見てみましょう。

Tags Fired On This Page(タグがこのページで表示されました)

トリガーに設定したページ

トリガーに設定したサンキューページを開いてみます。

タグマネージャーの画面が下半分に現れます。

先ほど設定した「アドワーズテストCVタグ」が出てます。

Tags Fired On This Page(タグがこのページで表示されました)のところにあるのでOKですね。

 

 

Tags Not Fired On This Page(このページに表示されていないタグ)

別のタグを設定してないページも見てみましょう。

設定してないページ

画面が小さいので、下にスクロールします。

Tags Not Fired On This Page(このページに表示されていないタグ)のところに、先ほどのタグがあるのでOKです。

 

まとめ:Google広告コンバージョントラッキングタグをタグマネージャーで設定しよう

いかがでしたでしょうか。

最後にプレビューで確認もできましたね!

takaのブログ
『タグが付いたので、広告から⇒サンキューページにどれくらいの人が来たかが分かるようになったね。』

慣れないと大変と思えるかもしれないけど、数回やると慣れます。

ぜひ設定してみましょうね。

 

お読みいただきありがとうございました。

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
・SEOに依存しない方法
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月で成果を出す方法

期間限定で、無料で配信中です^^



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です