★お仕事のご相談はお気軽にどうぞ★

Web広告の先生、デジタルマーケッター、低PV集客の専門家

Web広告は効果ない?効果的に成果を出すための下準備とは!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら
  • Web広告を出してみたけど、効果がない
  • 全然購入されない
  • そもそもクリックされない

すぐに結果が見えないと、Web広告って効果がないんじゃないかと疑ってしまいますよね。

そんなあなた向けの記事となっております。

結論
  • Web広告は効果ある
  • キーワードを狙おう
  • 下準備をしっかりと

詳しくご説明していきますね。

 

Web広告は効果がない?

Web広告で成約は取れます。

 

しかし、

「Web広告は効果がない」

「Web広告って効果あるんですか?」

といわれてしまうことが多いです。

 

もしあなたが、Web広告は「効果がない」と思っているとしたら、

「とりあえず出してはみたけど、どうしたら良いか分からない」からではないでしょうか?

 

私も広告をはじめたときは、効果がないと感じたことがあります。

Googleのリスティング広告をはじめて出したときです。

どんなキーワードで出せばいいのか分からなかったので、なんとなくキーワードを選びました。

しかし、ほとんどクリックはされないし、クリックされても単価が高くて採算が取れませんでした。

 

キーワード狙い撃ち作戦に変更

採算が取れない広告を、出していても仕方がないですよね。

 

そこで、キーワードを狙い撃ちしていく作戦に変更しました。

すると、採算が取れるようになってきたのです。

リスティング広告においてキーワードは命です。

 

とくに予算がない個人事業主や中小企業は、今すぐ買ってもらえるようなワードを探していくのがポイントとなっています。

 

 

では、どうやってキーワードを狙っていくのかというと、準備が重要となっていきます。

準備をしっかりとする

キーワードを選ぶために、準備をしましょう。

「何を」「誰に」「どうやって」売るのかを考えるのです。

  1. 何を売るのか?
  2. 誰に売るのか?
  3. どうやって売るのか?

この3点を決めていきましょう。

 

1.何を売るのか

Web広告で「何を」売るのか決めましょう。

  • それはWebで売れるものなのか?
  • 広告を出して採算が取れるのか?

を考えていきます。

 

例えば、400円の洗剤を、Web広告で売るのは難しいですよね。

採算は取れないし、どこでも買えてしまうので、クリックされても購入させるのはハードルが高いです。

特典でもない限り、Amazonで買われてしまうかもしれません。

 

大手ならテレビCM感覚で広告を出せるかもしれませんが、個人や中小企業でそんなチャレンジはできません。

採算が取れるもの、どこでも買えないものを売りましょう。

 

2.誰に売るのか

「誰に」ということに関しては、ペルソナを設定しましょう。

ペルソナ:ターゲットをより具体的にしたもの

  • 年齢
  • 居住地
  • 趣味
  • 年収など…

その商品を求めているのは誰でしょうか?

まるで実際にいそうな人物を想像しましょう。

ペルソナの設定の仕方は、「ブログ集客に必須!ターゲット(ペルソナ)を設定する方法2018」もご参考ください。

 

3.どうやって売るのか

「どうやって」というのは切り口のお話です。

  • 訴求ポイントは?
  • ライバルはどうやって売っている?

ライバルが要る場合、自分たちがどう差別化できるかを考えていきます。

さらに、どんな訴求ポイントが一番響くのかを検証します。

 

これらの3点が決めてから、ペルソナが考えそうなキーワードで出していくわけです。

 

まとめ:Web広告は効果ない?2018年効果的に成果を上げる方法

  • Web広告は効果ある
  • キーワードを狙おう
  • 準備をしっかりと

非常に地味ではありますが、とても重要な作業です。

 

考えてもキーワードが分からないという方は、部分一致で広くキーワードを打っていきましょう。

詳しくは、広告の「部分一致」と「フレーズ一致」の違いは?キーワードは絞り込みした方がよいの?を参考にしてください。

 

成約が取れるキーワードを狙ってしていくと、予算をなるべく減らして広告が出せるようになってきます。

ぜひ、準備をしてキーワードを狙っていきましょう。

初心者向け!デジタルマーケティングを学べるメルマガ配信中

・LP成約率50%の秘密
ライバル不在のキーワード戦略
1ヵ月でWeb広告で成果を出す方法
・オンラインを味方にする方法

のメルマガを

期間限定で、無料で配信中です^^

 



↑メルマガ登録ページに移動します

この記事を書いている人 - WRITER -
ゆうさん。(高木優):やさしく伝えるWeb広告の先生/デジタルマーケター
◆趣味:カタコトの英語で海外10ヵ国以上を旅する旅行好き。
海の近くで育ったため、ビーチリゾートを愛している。

◆ブログ:大学のころからブログを授業に活用し、中小企業のSNS担当を経て、現在はWeb広告の先生/デジタルマーケターをしている。中小企業、個人事業主など少数精鋭で、地味に集客させる方法が得意。

◆プライベート:外ではしっかりしているイメージを持たれるが、家ではズボラで家事をしない方法を常に考えている。パートナーの方が掃除のスキルが高いため日々感謝。

◆先日、記事を読んだ方から、嬉しいメッセージをいただきました。
【さっそく明日から取り入れます!】【すごく分かりやすくて、やっと理解出来ました】
記事を参考にしてくださった方からのコメント、本当に嬉しいです!
もし少しでもあなたのお役に立てたなら、コメントを残していただけると嬉しいです☺

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です